幽遊白書(実写)戸愚呂の撮影方法!評判や感想はイマイチ?

エンタメ
スポンサーリンク
当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

実写ドラマ版『幽☆遊☆白書』がNetflixで配信されますね。

原作ファンからは「実写版でがっかりするのでは…」と心配の声が上がっています。

幽遊白書では、妖怪など個性的なキャラクターが多く登場します。

気になるのは、このようなキャラクターをどのように再現するのかがということではないでしょうか。

特に、宿敵である戸愚呂についてコチラの内容をまとめました。

幽遊白書(実写)戸愚呂の撮影方法は?

幽遊白書(実写)戸愚呂の評判や感想はイマイチ?

 

 

スポンサーリンク

幽遊白書(実写)戸愚呂の撮影方法!

実写版幽遊白書で戸愚呂兄弟を演じるのは下記の方々です。

戸愚呂兄:滝藤賢一

戸愚呂弟:綾野剛

戸愚呂兄弟と言えば、『兄が弟の方に乗っている』のが特徴ですよね。

ただ、弟役の綾野剛さんの身長は180㎝で、兄役の滝藤賢一さんの身長は177㎝です。

身長差がほとんど無い二人では、肩に乗せて撮影なんてほぼ不可能ですよね…

 

どんな撮影方法が用いられたのかを調べてみると、実写版幽遊白書では世界水準のVFX・CG技術が使われていることが分かりました!

VFXとは、「Visual Effects」の略で、視覚効果という意味を持っています。実際に現実では目にすることのできない画面効果を実現させるためのもの。現実にあるものとつくりあげた架空の映像を合成し、違和感のないように仕上げる効果がVFX。
引用元:https://online.dhw.co.jp/kuritama/difference-cg-vfx-technology-and-sfx/

その中でも、戸愚呂兄弟の撮影には高性能な『ボリュメトリックキャプチャ』という技術が使われていました。

これは”立体スキャン技術”のようなもので、立体形状とテクスチャを同時にデータ化する技術のことです。

この技術を用いて、滝藤さん・綾野さんの”顔の演技”をCG化し、そこに別に作った体などのCGと組み合わせることで、戸愚呂兄弟の実写化が可能になったそうです。


引用元:businessinsider

 

この技術を用いるためのVFXスタジオは日本には無かったので、アメリカにあるVFXスタジオでの撮影となったそうです。

また、ハリウッドVFX業界で20年以上にわたる経験を持ち、アカデミー賞・科学技術賞を受賞した坂口亮さんが参加するなど、最先端技術が用いられた作品となっているようですね!

 

 

幽遊白書(実写)戸愚呂の評判や感想は?

幽遊白書では、敵という立場でありながらも人気の高いキャラクターなのが戸愚呂兄弟です。

 

そんな戸愚呂の実写版について、世間ではたくさんの感想がありました。

 

まとめ

『幽遊白書(実写)戸愚呂の撮影方法!評判や感想はイマイチ?』という内容でまとめました。

実写ドラマ幽遊白書では、最新のVFX&CG技術が使われていることが分かりました。

戸愚呂兄弟を演じた滝藤さんと綾野さんは、顔だけの演技という新しいことにも挑戦していたんですね!

感想は様々だと思いますが、撮影の裏側を知ると原作とは違った感想なるかもしれませんね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
エンタメ
yesmamaをフォローする
Shufu_NOTE

コメント

タイトルとURLをコピーしました