成人年齢引き下げの理由や問題点は?変わることを一覧で総まとめ!

話題
スポンサーリンク

2022年4月から成人年齢が20歳から18歳に引き下げられます。

20歳を成人とする法律は、明治9年(1876年)に制から現在まで続いています。

では、なぜ長く続いてきた成人年齢を引き下げることになったのでしょうか?

この記事では、成人年齢を引き下げる理由引き下げによる問題点はないのかどのような変化や影響があるのかをまとめていきたいと思います。

早速見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

成人年齢引き下げの理由は?

成人年齢の引き下げに関しては、数年前から検討されており、2022年3月現在の法務省のHPでは以下の様に明記されています。

 近年,憲法改正国民投票の投票権年齢や,公職選挙法の選挙権年齢などが18歳と定められ,国政上の重要な事項の判断に関して,18歳,19歳の方を大人として扱うという政策が進められてきました。こうした政策を踏まえ,市民生活に関する基本法である民法においても,18歳以上の人を大人として取り扱うのが適当ではないかという議論がされるようになりました。
引用元:法務省HP

世間でも様々な声があったので、上記内容と合わせて引き下げ理由を3つにまとめてみました。

①投票率の低下

日本では若者の投票率が極端に低いことが問題になっています。

高齢化で若い世代が減少していることもありますが、このままだと高齢世代の意見が通りやすくなるという事態を招きかねません。

高齢世代の投票率が高いとなれば、立候補者は多くの票を持つ高齢者向けの政策を考えるはずですからね。

未来を担うのは若い世代ですし、国民の意見が偏ってるのも良いとは言えないので、若い世代の意見をより多く取り込むために成人年齢を下げたと思われます。

②結婚年齢の差別化解消

現在までの日本の結婚年齢は、男性18歳以上・女性は16歳以上です。

2歳差の理由は「男性より女性の方が身体的成長が早いから」という理由で、戦後に定められたものです。

しかし『男女平等』と言われる現代では違和感のある法律ですよね。

実際に、国連の女子差別撤廃委員会から「差別的」という理由で改正するよう勧告されているのです。

国連からの勧告もあり、成人年齢と結婚年齢を統一することになったそうです。

 

③少年による凶悪犯罪の抑止

事件を起こした20歳未満の少年を守る法律として「少年法」がありますが、この法律に関しては以前から疑問の声が上がっています。

罪を犯した人が、20歳以下という理由だけでプライバシーが守られるのですから、損害を与えられた・傷つけられたという被害者は納得できるものではないでしょうね。

加えて、『18歳19歳は大人と変わらない』という意見があり、このあたりが成人年齢引き下げに影響しているのではと思います。

 

成人年齢引き下げで問題点は?

いくつか話題になっていますが、『消費者トラブル・成人向けビデオへの出演強要・成人式が受験シーズン』は、ニュースでも取り上げられていました。

消費者トラブル・成人向けビデオへの出演強要については、未成年者取消権がポイントになるかと思います。

未成年者取消権:未成年者が親の同意を得ずに契約した場合には,原則として,契約を取り消すことができる

今までは、18歳19歳も未成年者取消権を行使出来ましたが、成人年齢引き下げ後は行使できず、様々なトラブルが予想されています。

これの対応策として、小学生から消費者教育の充実や消費者契約法の改正などを掲げていますが、時間がかかりそうなものばかりで即効性は期待できそうにありません。

成人年齢を引き下げることによる問題はたくさんありそうです…

成人年齢引き下げ変わること一覧!

『成人』というのは人生の中で大きな節目の一つです。

今回の成人年齢引き下げにより、どんなことが変わるのか一覧でまとめてみました!

・親の同意無しでの結婚

・起業

・クレジットカード作成

・携帯電話や賃貸契約

・10年有効パスポートの取得

・性別変更

・酒

・たばこ

・公営ギャンブル

・大型・中型免許の取得

✖のものは、健康被害やギャンブル依存症対策から従来通り20歳のままです。

18歳からできることが増えますが、自分の好き勝手に進めていいというわけではなく、親や周囲の人の理解を得ることは大切です。
また自分で契約できるというのは、「自由」を得たことになるかもしれませんが、必ず「責任」が伴ってくることを忘れないようにしましょう。

 

まとめ

『成人年齢引き下げの理由や問題点は?変わることを一覧で総まとめ!』という内容でお伝えしました。

一口に成人年齢の引き下げと言っても、20歳から18歳に引き下げたことで様々な懸念が生まれ、現段階での対策は十分ではありません。

これから成人を迎える方は、新しい制度に不安があるかと思いますが、制度の内容を理解してトラブルに巻き込まれないように気を付ける必要がありそうですね。

スポンサーリンク
話題
yesmamaをフォローする
Shufu_NOTE

コメント

タイトルとURLをコピーしました