長井秀和が西東京市から出馬する理由は?宗教問題や創価学会との関係は?

人物
スポンサーリンク

「間違いないっ!」のフレーズで人気のお笑い芸人、長井秀和さんが西東京市議選へ出馬することが分かりました。

近年はテレビで見かけることも少なくなっていましたが、SNSを通じて政治や宗教に関する発信をしていたようですね!

「政治」と「宗教」の関係は特に注目を集めている話題ですが、長井さん自身も過去に創価学会との関わりがあったと話しています。

そこで、この記事では『長井秀和が西東京市から出馬する理由は?宗教問題や創価学会との関係は?』と題してまとめていきたいと思います。

早速見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

長井秀和が西東京市から出馬する理由は?

長井秀和さんは、参院選のような国政ではなく市政での出馬となります。

市政ということは、その町の住民の為の政治を行うということです。

西東京市で出馬するきっかけとなったのは、長井さんが西東京市に住んで感じた問題点にあるようです。

長井さんが感じた問題点とは、

・焼却場の問題(ごみ袋が1枚60円と高い)

・市議会の配信は禁止だから何が行われているか普通の市民には分かりにくい(傍聴は可能)

・議員は議会内のことをSNSで発信が禁止

・市が統一教会の関連団体と組んでイベントを行っていたことも判明

など、挙げればきりがないとのことです。

特に「議会で行われている内容が市民に届きにくい」という現状を変えようとしているようですね。

政治活動はすでに始まっていて、1年以上駅頭に立ったりSNSを使って発信するなどしています。

 

長井秀和と創価学会との関係は?

安倍元首相の銃撃事件から、「政治」と「宗教」の関係性が注目を集めていますね。

長井秀和さんは、『創価学会』と関係が深かったことを告白しています。

と言っても、積極的にかかわりを持ったのではなく、長井さんの母親が学会員だったことが原因だそうです。

そのため、小学校の途中から大学まで創価学会が運営する学校法人に通っていたそうです。

しかし、創価学会員であることに違和感を覚え10年前に関係を絶っていると言います。

長井さんは、

親が新興宗教の信者の場合、教団の慣習とかしきたりとかから子供世代の2世が抜け出すことは未成年の時期はまず不可能でしょう。
引用元:日刊ゲンダイ

と話していましたが、これは自身の体験談かもしれません。

長井さんは「宗教二世問題」に積極的に取り組んでいる様子で、この問題に苦しむ人からは支持を得ているのかもしれません。

 

まとめ

『長井秀和が西東京市から出馬する理由は?宗教問題や創価学会との関係は?』と題してまとめていきました。

お笑い芸人としての長井さんとは違う一面が感じられました。

国政ではなく市政での出馬ということで、西東京市民の皆さんのために頑張って欲しいですが、宗教問題や創価学会に関して、元関係者という立場から問題に「どのように取り組んでいくのかも気になるところです。

引き続き、政治家長井秀和さんに注目していきたいと思います。

最後までお付き合い下さり、ありがとうございました。

スポンサーリンク
人物
yesmamaをフォローする
Shufu_NOTE

コメント

タイトルとURLをコピーしました