工藤阿須加の農園の場所を特定!農大卒で移住の可能性も調査!

エンタメ
スポンサーリンク

有吉ゼミで、俳優の工藤阿須加さんが農園で野菜を育てる様子が放送されました。

多くのドラマに出演している工藤さんですが、「俳優になっていなければ農家になっていた」と語るほど、農業と密接な関係がありました。

俳優業をしながら、土地探しのために北海道まで足を運び、企画ではなく本人の意思で取り組む姿も話題を集めています!

視聴者からは、「俳優から農家に転身するのか?」「移住しちゃうの?」など疑問の声がでています。

そこで今回は、工藤阿須加の農園の場所や農大卒だった過去、移住の可能性についても調査していきたいと思います。

スポンサーリンク

工藤阿須加の農園場所を特定!

工藤阿須加さんが農園として使用している場所は、山梨県北杜市にある「井上農場」であることがわかりました!

『住所:山梨県北杜市高根町長澤2296-1』

工藤さんは、2021年3月から研修生として農園の一区画を担当しています。

農園を運営する井上能孝さんから、野菜を育てるポイントを教わりながら作業しているそうで、その様子は工藤さんのInstagramにも投稿されています!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Asuka Kudo(@asuka_kudo_ak)がシェアした投稿

井上農場は有機野菜の生産や販売をしており、収穫時期に合わせてHPから野菜を購入することも出来ます。

いずれ工藤さんが育てた野菜を購入できるようになるかもしれませんね!

工藤阿須加は農大卒だった!

工藤阿須加は全くの素人というわけではなく、東京農業大学を卒業していたことがわかりました。

東京農業大学は、農業後継者・地域社会の担い手の養成を目指している大学なので、工藤さんが農業の道に進むことも納得です。

そもそも、工藤さんが農業に興味を持ったきっかけを調べてみると、理由は2つありそうです!

①奇跡のリンゴに出会う

工藤さんは高校時代に「奇跡のリンゴ」という本に出会います。

不可能と言われた無農薬栽培のリンゴを育てた木村明則さんの本で、阿部サダヲさんと菅野美穂さんで映画化もされました。

②両親の影響

工藤さんの父親といえば、元プロ野球選手でソフトバンクでは監督を務めた工藤公康です。

アスリートの父親を支えるため、母親は「食」の面でサポートし、栄養の専門家や農家の方とも深い繋がりがありました。

子どもの頃は体が弱かった工藤さんですが、「家族が食事に気を遣ってくれたことで、病気をしないくらい体が強くなった」と過去の番組で話していました。

「人間は手に取ったものを口に入れ、それが血となり、肉となり、骨となる。口に入れるものの大切さは小さい頃から実感していました」とも話しており、これは子供の頃の経験から出たエピソードだと思われます。

工藤阿須加は移住する?

番組の視聴者からは、工藤阿須加さんが俳優を辞めて移住するのではとの声が聞かれました。

調べたところ、現時点で俳優を引退するという情報はありません。

しかし、今後も俳優を続けるかどうかはわかっていません。

その理由として以下のことが挙げられます。

・いつかは自分で会社を立ち上げて、無農薬野菜を安く提供できる環境にしたい

・農場の近くに住戸を借りている

・住民票を移す覚悟で取り組んでいる

・家族も手伝いに来ている

引退はしなくても休業という可能性は考えられますが、現在は研修生という立場なので、すぐに俳優業への影響はないでしょう。

 

まとめ

俳優としての工藤阿須加さんの姿が印象的ですが、幼少期から農業との関わりがあることがわかりました。

イケメン俳優が農業に携わることで、農業や有機野菜にも注目が集まりそうですね!

しばらくは俳優業と農園の仕事を両立していくようなので、どちらの活動も注目です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
エンタメ
yesmamaをフォローする
Shufu_NOTE

コメント

タイトルとURLをコピーしました