ふたご座流星群2022愛知(名古屋)のピーク時間や方角!見える場所はどこ?

イベント
スポンサーリンク

『ふたご座流星群』は3大流星群の一つであり、毎年12月に観測することができます。

しかし、流星群といっても空を見上げたら見られるわけではありません。

ピーク時間や方角などいくつかのポイントを知っておくと観測しやくなりますよ!

この記事では「ふたご座流星群2022愛知(名古屋)のピーク時間や方角!見える場所はどこ?」という内容で、愛知(名古屋)で見える場所についてもまとめていきたいと思います。

では、早速見て行きましょう!

 

スポンサーリンク

ふたご座流星群2022愛知(名古屋)のピーク時間や方角!

ふたご座流星群2022は、2022年12月14日(水)・15日(木)にかけて星がたくさん流れると予想されます。

ピークの極大時刻は【14日(水)の22時頃】です。

極大時刻=最も多く流星が流れると予想される時刻

ふたご座流星群には、極大前から活動が活発化し、極大以降は急激に流星数が減るという特徴があります。

今年で言うと、ピークである14日(水)を過ぎると星の数が減り、観測しにくくなるということですね。

そのため、ふたご座流星群は極大時刻より前から観測することがオススメです。

また、観測に決まった方角は無いのでどちらを向いても構いませんが「月を視界に入れないように見る」というポイントがあります。

これは、月の明るさで星が隠れてしまうために言われていることです。

少しでも多くの星を観たい場合は、明るさは少しでも遠ざけた方が良さそうですね!

ふたご座流星群2022愛知(名古屋)の見える場所はどこ?

ふたご座流星群2022を観測する際には、街の明かりが少なく、空全体を眺められる開けた場所が適しています。

愛知(名古屋)で観測に適した場所を以下にまとめました。

稲永公園(名古屋市港区)

釣りスポットとしても人気の場所で、周囲は視界を遮るものがなく、視界良好のスポットです。

【アクセス】
・あおなみ線「野跡駅」
・市バス幹築地1系統「稲永スポーツセンター」
・駐車場330台(無料)

平和公園(名古屋市千種区)

名古屋市内で星空が見えるスポットとして有名です。

周囲が静かで、街中よりも少し高い場所にあるので、星が見やすいようです。

【アクセス】
・地下鉄東山線「星ヶ丘駅」
・名城線「自由ヶ丘駅」から「市バス星丘11系統」
・名古屋市営バスに乗車し、「平和公園」「平和公園南」
・駐車場230台(無料)

旭高原元気村(豊田市)

バーベキューや雪遊びが楽しめることで有名です。

昼間にキャンプやスキーを楽しんで、夜は天体観測というのも良いですね♪

【アクセス】
・名鉄「豊田市」
・猿投グリーンロード「力石IC」より約40分
・東海環状自動車道「豊田勘八IC」より約45分
・駐車場160台(無料)

 

まとめ

『ふたご座流星群2022愛知(名古屋)のピーク時間や方角!見える場所はどこ?』という内容でまとめていきました。

ふたご座流星群はピーク時間を逃すと観測できる確率が下がってしまうので、観測のタイミングには気を付けたいですね。

ただ、方角は気にせず観測できるので、愛知(名古屋)で見える場所を参考にしていてください。

最後までお付き合い下さり、ありがとうございました。

スポンサーリンク
イベント
yesmamaをフォローする
Shufu_NOTE

コメント

タイトルとURLをコピーしました